そっか、とうとうできちゃったんだ。
もう私、君の一番じゃないのね。
ちょっと寂しいな。
でもね、私忘れないよ。
君の視線の先にはいつも私がいて、私もいつも君を見てた。
忘れないよ。
だから私の事、時々思い出してね、東京。

「スカイツリー見に行かないの?」「んー今日はこっち。」


ちょっとーどういうこと?
この、あ・た・しがいながらそういうことなの?
なによう。
あんな子ちょっとモデル体系なくらいでたいしたことないじゃない。
あっあたしのほうがずっと、あんたの事す、好きなんだからっ。
好きなんだからねっ、東京。

「なんか東京タワーの上だけ雨雲が・・・」


私が全部やってたの。
この塔の上から。
笑わせる事、慰める事、泣かせる事、考えさせる事。
全て信号にして送り出した。
それもおしまい。
悲しい事?いえ、それはただの進歩。
そしてまだ、役割は残ってる。
私は今日も、歌ってる。話してる。

「今日のTOKYO FM、なんか切ない。」