三度目のティーパックはもう味気なく繰り返された今度のようで