面倒だった。
どうせ咲いてもまた散るの。疲れたあたしは咲かないことに決めたんだ。
ほかの桜が全て咲いても咲かないあたしを心配そうにあの子は見てた。
そ してある日、折り紙で作った小さな桜をあたしの枝にくれたんだ。
こうよ、こう咲くの。
思わずほころんだあたしと、そしてあの子。